スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙 
P1000673.jpg


最近はもっぱら
スーパーカーのPLANETを聴いています
ヘビーローテーション!
懐かしい!

あの当時聴いてた音楽とか
それを聴いてた自分とか
思いだすと恥ずかしいし眩しいけど
純粋に音楽にドキドキして雑誌を買い集めたりお金を貯めてCDを買ったり
そういう日々を過ごしてた時
なんて自分は幸せなんだろーって思ってた
あの気持ち

今思いだすと恥ずかしいのと眩しいのに加えて寂しくなるのは
自分が変わってしまったことを思い知るからでしょうか

要するに今年の夏はフェスに行きたいって話

ぱーっと楽しく遊びたいぞー

とりあえず「うるちゃんお帰り焼き肉大会」が楽しみで仕方ない
指折り数えて待ってます!




スポンサーサイト
movie 
GRAN TORINOを観た ものすごく良い映画やった
深い映画やった
人種差別とか暴力とか生と死とか
そういう重いテーマを扱ってて(しかも盛りだくさん)
考えさせられる 考えながらみてたんだけど
主人公とその周囲の人たちとの軽快なやりとりとか言葉のかわし方やつき合い方が
すごくテンポのいいリズムをつくり出しててなんだか爽快だった(ストーリー自体は決して爽やかなものではないのだけれど いろいろな感情が巻き起こって涙がでます)
是非 劇場で


それにしても私たちの日常には映画のような軽快なリズムも明確なストーリーもしょっちゅうあるわけではございません


それでも生活は毎日だから
なんてことないシーンでもそのとき感じた気持ちなんかを大切にとっておいて
ささいなことにも誠実に向き合ってたら
退屈な毎日が急に鮮やかにみえてくるんかもしれん

ま、わからんけどね

P1010267-1.jpg
P1010268-2.jpg
P1010269-3.jpg
P1010270-4.jpg





とりあえず4年生明日のゼミがんばれよー
というか卒論がんばれよー
そんな私も修論がんばれよー

おわり
蚤の市 
1P1010271.jpg
毎年恒例の護国神社蚤の市にふらりといってきました
お天気もまずまずだったので入り口の芝生広場では家族連れがわんさか
すごい平和な時間が流れとってほっとした
親子で蚤の市なんて素敵!そんな素敵親子に私もなりたい…

蚤の市といえば そうボタンです
シートで売ってあるのも好きやけど バラで量り売りしてるのもかわいい
2P1010259.jpg

当初の予定では こういう細々した雑貨を買おうー
って 思っとったけど
結構みてるだけでおなかいっぱいになったりして
うーん今日はみるだけかなーと思った矢先運命の出会いが…




「買って」「つれて帰って」




て 言われたので





人通りの多い日曜日の天神をよいせよいせと抱えて帰りました
バスでも電車でも注目された
勝手に拾って帰ったわけじゃございません

うちにつれて帰ったら
ぴったりしっくり収まってくれました
3P1010292.jpg

棚ちゃん

なんとこの子1500円なんて破格で売られてたのです
おいちゃんに1500円でいいんですか?と思わず確認したね

そんなおいちゃんのお店では机も2000円で売られてたりして本当に安かった!
その机も「買って…」て言ってたきがするけど
「うちは床座なの、ごめんね」といってお別れしました
そのかわり棚ちゃんはかわいがろうと決めた

5P1010303.jpg

とりあえず本棚が欲しかったので丁度よかったのと
うちは細々した物たちで溢れかえっているので
そいつらの避難場所になりました
積み木もうちのじいちゃんの穴開けパンチもしっくりと収まります

5P1010311.jpg

これから読みます
寝る前の読書タイムがもっと楽しみになりそうです
yoga 
yP1010256.jpg

記念すべきヨガ部の第一回活動報告
なんちゃかんちゃとトレーニングルームがいっぱいなので
momoco先生の家でやらせていただきました

ヨガなめてました…
汗かく!筋肉使う!ストレッチはきつい!

やった後は背筋がピンとなるだけでなく
内臓も身体の中のちゃんとした位置に納まってくれた気がする…
そして下手な筋トレするより全然筋肉使ってると思う
しかもバランスよく◎

そこのあなたもSHIHOボディを目指してみませんか?


熊本 
いってきました 熊本
井上雄彦展は行かないと人生損します
まだの人はなにがなんでもいかなる事情があろうとも行ってください

すい込まれます とだけ言っておこう

今日はとても充実した一日だった 妹よありがとう
美術館とカフェ~な時間を過ごしました◎
しかもかなり素敵よ

と その前に
下通りのアーケードができていたのでその写真でも
3P1010179.jpg
明るい 確かに明るい が 暑い
すでに温室のごとくむしっと熱気がこもっていたので
真夏はいったいどうなるのやら
霧の発生装置がついてるらしいけどそれでも暑そう!


なんたりして歩いてたらお腹すいてきたので

4P1010185.jpg
ごちそうさまです


お腹も満たされたので本日二館目の美術館へ
5P1010193.jpg

島田美術館
nitaと妹のお薦め美術館でもありカフェも併設されてます
6P1010199.jpg
カフェーの様子はまた後ほど

ここでも宮本武蔵展があってました
チケットがかわいい
7P1010201.jpg

そして立派なお庭があるんですこの美術館
まったり度200% 落ち着きます
8P1010204.jpg

ぼーっと何時間でもいれます
9P1010209.jpg

さて

お待ちかねカフェーの中はというと
11P1010213.jpg

素敵でしょ

この飾ってある干支のお手玉みたいな置物がね
めっちゃかわいくてしかも猿が異常にかわいくて
さんざん悩んだけど買いませんでした
でもあの猿は私を呼んでいた気がする…
誰か島田美術館行く予定のある人はお土産に買って来てくれてもいいよ☆


猿を我慢して買ったのがこれ
10P1010223.jpg
結局値段はあんまり変わらなかったような…
肥後手鞠なんです かわいいんです ものすごく かわいいんです

12P1010233.jpg
熊本に行かれる人は是非 島田美術館にも足を運んでみられてはいかがでしょう



hydrangea 
hydrangea.jpg

わすれとった
そういや夏が来る前に梅雨がくるんやんね
久しぶりの雨と風に少し戸惑ってしまった
肌寒いのはなんか寂しいね
今年もまた箱崎に紫陽花をみにいきたいなー
 
P1000668.jpg

P1000683.jpg

こっから陸でこっから空ですよー
みたいに
一本線をぴゅーってひいて
これは好きこれは嫌い
これはできるこれはできない
これは行くこれは行かない
これは聞くこれは聞かない
とかって
なんでもかんでも真っ二つに分けれたら色々悩むこともないんだろうね
最近周りで悩んだり考えたりする人がいるもんだから
そんなことを思った
しかしそんな簡単に二つに分かれてしまう人生はつまんないんだろうね
色んな思惑や想いやしがらみや過去が絡み合いながら人生は進みます

それにしても佐賀は平らだなー
それにしても明日はゼミだなー
それ故に頻繁に更新するのでした

flower 
P1010132.jpg

さりげなく かわいらしく 咲いてたい

あれ こんなとこに咲いとったんやー みたいにね



今日はなんだか空気がじめっとしてるけど不思議と嫌じゃない

やるせない気分 
yP1000885.jpg

やるせない やりきれない すっきりしない
そんな気分を味わった

仕事しだしたらきっとこういうことばっかりなのかもしれん
そう思うと勉強になったって思えるけど(実際にこちらの過失でもある)
やっぱり哀しかったし納得できない部分もある

あれ自体は一生懸命考えたんだけどなー…

落ち着いたらまたこの話も文章にして書けるようになるはず

ただ、今は やるせなくて書けない…

しかし粘らないと負けるね絶対

建築するには粘りが必要だ。


bridal 
P1000868.jpg

結婚って不思議でも素敵

新郎側と新婦側 それぞれの友人が顔をあわせて
一人一人に全く別の生活があって  
その後もう二度と会うことはないのかもしれないけど
それでもその日一日は全員が同じ気持ちを共有して
みんな笑顔で過ごせるのだから

やっぱりそれは二人の幸せパワーの成せる業なのでしょう

お腹の赤ちゃんをなでてたらなんかとってもご利益があるような気がした

お二人とも末永くお幸せに!

高砂のピザ屋さん 
P1000470.jpg

写真は記事に何ら関係ありません。佐賀です。

今日はお母さんが遊びに来てたので例のごとく美味しいもの発掘ツアーにいってきた。
単にうちがいきたいなーと思ったお店にランチにいくってだけなんだけどね。
毎回はずれだったり、おいしいけどそこまで…なお店が多いんだけど(そのたんびに雑誌ってすっごいおいしそうにご飯の写真を撮って載っけとるんやなーって思う)
今日行ったピザのお店はすっごくよかった!
お値段もお手頃でマルゲリータがすっごい美味しい~
生地がもちもちやけん顎もきたわって一石二鳥です
これから何度でも通ってしまいそうな予感◎
渡辺通のテムジンの路地入ってすぐのお店です
天神にいってピザ食べたいなーって思ったら
ちょっと歩くけど是非!
パスタも美味しそうやった~
次はピザとパスタをわけわけして食べたい!
ということで、人数多い方が色々食べれてお得です◎
誰か一緒にいこー!

そして今日はまたもや楽しい楽しいBBQ!
最近食が充実しています

からから 
P1000494.jpg

なんか 色々うまくいかん
あー うー
もやーって 胸の中がもやもやする

乾燥した空気のせいもあって
のどがひっつく感じ
すぐにからからになる
そろそろ雨でもふればいい
お気に入り 
駐車のために寄ったブックオフで女性半額セールやってたもんだから漫画を5冊くらい買ってしまった。
実家においてかえるけいっかー◎

さて、今日さっきお父さんがあの例の武蔵のポスターを貼るということで、お母さんにあんた手伝ってやって(お母さんは自分が手伝うのがめんどくさいだけ)と言われ、お手伝いしました。
とうとうあのせまっくるしい部屋のちーさい壁面に武蔵の姿がどーんと姿を現しました。武蔵出現。

そんで部屋に戻って漫画の続きを読んでたんだけども、トントンとお父さんが入ってきて。

「ポスター手伝ってくれた報酬にこれあげる。最近のお父さんのお気に入りの駄菓子。」

っちゅってブラックサンダーをくれた

「あ、これ…」

って言いかけたら

「なん!?しっとると??」

ってえらいくいつくけん、大学の生協で売っとるんだってことを伝えたら、なかなかこっちでブラックサンダーにお目にかかれないようで、お父さんはいつもキヨスクで買っているらしい。わざわざキヨスクで…。昔はどこにでも売ってた気もするんだけど…。そして本当に大学の生協で売っているのかとしつこくきかれた。
そんなに好きなら今度帰ってくるときは袋で買ってかえっちゃるよお父さん。でもやけん太るんよ。

そんなこんな、今回の帰省で車の運転がちょびっとばかしうまくなり、お父さんとも仲良しになれた気がしています。

そんななか、姉ちゃんが結婚することが決まりました。31日につかもっちゃんを連れて挨拶にかえってくるらしい。なんかいざ姉ちゃんが結婚するとなると変な感じだ。そしてつかもっちゃんがお兄ちゃんになるというのも変な感じだ。

次回、伊藤家の日常は『お姉ちゃんが結婚相手を連れてやってきたの巻』をお送りいたします。
ポスター 
P1000569.jpg

どーん







佐賀に帰って調査&自宅療養中の私を武蔵が迎えてくれました

この人どこにいるかというと…





P1000571.jpg

ここ

うちの父の音楽部屋にいます

「あのポスターどうしたん?」

て聞いたら、どうもこないだお父さんとお母さんが熊本で一人暮らしをしている妹んちに食料やらを届けにいったときに二人で観てきたんだと

「そういやうちに姉ちゃんがおいてったスラムダンクあるもんねー。おれ、お母さん井上雄彦好いとったっけ?」

て聞いたら、お母さんは別に好きじゃないよ。とのこと
お父さんはスラムダンクを読んでないけど観にいった。とのこと

熊本の美術館ですっかりはまってポスターまで買ってしまったお父さん(しかも二枚もポスター買っとんさった。そんでそのうちの一枚は妹に奪い取られていた。かわいそうに。)
家に帰ってスラムダンクを読破しようとしたところ、そういえば姉ちゃんに東京に送ってって言われて送ったことをすっかり忘れていたらしく、いまだ読んでいないらしい。

じゃあスラムダンクもバガボンドも全部買ってよまなねーと言ったら
うん
っていっとったけん、そのうちお父さんの音楽部屋の本棚には楽譜の中にスラムダンクとバガボンドが並ぶのでしょう。

壁にあの巨大なポスターを貼るつもりらしいけん、武蔵に見守られながらギターを弾き鳴らすのね。。。

趣味があるのはいいことです◎
夫婦仲良しなのもいいことです◎
人んちの庭 
0506bbq.jpg
先日6日のBBQ準備の様子
そりゃあんた天気よくって気持ちよかったよー
風はびゅんびゅんやったけどね
おかげですーぐ火が熾せたしだね
カントリーマアムはいい感じに焼けてうまかったしだね
アジの刺身もうまかったよねー
ねー
ねー
ねー

ただ完全に勝手に人んちの庭を使ってやってたけども
I田研の人が来たら撤収するという
なんとも変なバーベキューでした
でも大人のバーべキューで肉も野菜も大変おいしゅうございました◎
なすびを丸ごとじっくり炭火焼にして中のとろとろになったやつを食べる
これが一番感動したね!うん!
ねー ゆみちゃん あすみ たかしー
あ、おかやん花火ありがとね◎
続きはまた今度しよう!

なぜかみんなで直太郎の「夏の終わり」ってタイトルかどうかもわからんけど
その歌を合唱しながら肉を焼いた
少し切なくなりました

ま、もうちょいしたら夏が来るんやけどもね!

この夏は五島にいってたかしの家にみんなで泊まることが決定しました
夏の予定はお早めに◎
JIA national competition of graduating students' work 2008 
まんまと高熱を出して寝込んでる間に
JIA全国学生卒業設計コンクール2008の作品集が出来たようでポストに入っとった

もう修士2年になってしまいましたが
こうやってたまに顔を出してきます
なんか「忘れないでよね!」と言われてるみたい

折角やし 今の4年生の卒業設計に対するモチベーションもあがるかもしれんし
審査講評のコメント(総評と自分の作品に対して)を簡単にざっくり書き留めておく

------------------------------------------------------------------------

卒業設計は建築家になるための非常に重要な登竜門である。
卒業設計には次の4項目がないと普通の設計課題となんら変わらない
1.社会に対する新しいプログラムや提案があるか(環境や構造、設備も含めて)
2.卒業後、30年以上の持続力を持つ案なのか
3.言葉(タイトルやその案の内容を表す)を正しく選んでいるか
4.自分なりの主張やアートがあるか

卒業設計のライバルは生涯のライバルである。

今回の卒業設計は審査員の個性が強かったこともあるがダントツなものがなかった。
原因として考えられるのは、各校内で様々な賞があり、生徒を振り分けていること。メディアによる全国展開のために独自性が薄らいでいること。競争の激しい地域とそうでない地域が出ており、地域差が考慮されずに作品が選ばれていること。が考えられる。

以上 新居千秋

選定のポリシーとしてハッピーで楽しく明るく面白いというだけのものは選ばないことにした。私の選定ポリシーは<作品の背景に「沈黙」が存在するもの>とした。

銀賞<アゼミチ>
クリスト氏の前衛アートのようで面白い。
五日間の短期の建物は仮設物であって、建築ではなく建物という物でしかない。
理屈抜きにアイデアとしては面白いが、それならそれでもっと万博の時の建物(仮設)のように思い切ってもっと大胆な形の建築を創ってほしかった。
次は本物の建築へ挑戦してください。

以上 出江寛

卒業設計は、構想力の飛距離を試してみる絶好の機会である。
プロの建築家として実際の現場へと入る直前に「10年、20年先の建築はこんなふうであったらいい」「10年後にはこんな建築を実務の現場で考えていたい」といえるような構想を提示するチャンスである。

伊藤綾子の「アゼミチ」は軽やかな暴投である。テンポラリーな空間を、しかし「仮設だから適当でいい」というのではないしっかりした構想として示している。
フィクショナルだがディテールのあるものとして描き出して魅力がある。

以上 小嶋一浩

07伊藤さん「アゼミチ」は、個人的に一番惹かれた作品であった。単なるイベントだし、単に五日間の建築にすぎないにも関わらず、なにかそうとは思えない永遠性というか、不思議な透明感、無時間性を見る者に与える作品である。現代的感受性に溢れたその瑞々しさが素晴らしい。若い人たちがイベントを盛り上げていく情熱とか、卒業設計に賭ける作者のエネルギーとか、いろいろなことがたまたま重なって生まれた、まさに青春の作品で、見ていて羨ましかった。

以上 西沢立衛

卒業設計の作品群、それも各地域の審査を経て選出されたハイレベルのものには、若い世代の、「建築の今」に対する理想や想いのようなものが、濃厚に蓄積されている。
それは日々の実務の中で経験するものに比べはるかに純粋であり新鮮であると同時に時代を反映したものとなっている。

建築との間合いを常に意識している私の関心はその背景、あるいはその提案に至ったプロセスです。
提案に至るうえでいかに考えたか、という思考の形式に関心があるということになるでしょうか。
どのような思考の形式からその提案の内容に辿り着いたか、その過程でどのような価値観の葛藤を経験したかを理解しようと試みました。

建築は建築家のみによって創造されるものではありません。
様々な職能が協働することでできあがるものです。
そのとき、協働の継ぎ手になるのが、いかに考えるか、ということであり、それを協働者と共有することが求められます。

以上 宮城俊作

------------------------------------------------------------------------

自分の卒業設計に関して言えば、情熱だけで突っ走ったところがあって、西沢さんが言うようにたまたま生まれた青春の作品。本当にそのとおり。
だから自分でもうまく説明できない。そりゃあもちろんこういうコンセプトで、こういう問題が背景にあって…とかは言えるけど。
自分でもなんでこの作品にこんなパワーを感じるのか未だに理解できてない部分が正直あるし、愛のある作品ではあるけど、そこを説明できなかったらこれって本当にただの作品でしかない。
自分の中での思考回路やそれを人に説明して共有してもらう努力が足りなくて、様々な発表の場で、審査員から自分よりもこの作品について的確にコメントされてしまうこと、代わりに説明してもらうこと、が恥ずかしかったりもした。
でも私のこの卒業設計はそういうちょっと恥ずかしいけど泥臭い青春の作品、みたいなものとして、一生言葉では説明できないけど何か分からないパワーをもつもの、として終わらせるわけじゃないけど留めておこうと思う。
それがなんなんやろうってたまに思いだして考えていたら、これから先どんな現場に入って自分が何を設計していても、一番大事なことは忘れないでいれるような気がする。
やけん死ぬまでわからんでもいいや。

そんなこんな、4年生はまずは卒論やけどその後の卒計、期待してますよ。
意外とこのブログを4年生がみているらしいことが判明して最近ちょっと焦り気味のM2からの言葉でした。

なんてね、エラそうに言いながら、最近ものすごく怠惰な生活をしている自分への戒めの言葉でもあるのです。
気が抜けとるけん風邪もひくしだらーっとするし朝起きれんし…
何かね、今色んなことに対して“雑”になっている気がしているのですよ
周りを見渡すことが出来てないで自分の中の狭い世界に閉じこもってその中でうんうん唸ってる感じで非常によろしくないので
私を見かけてそんな感じだなーと思ったら教えてください

素直さと純粋さと情熱が今ものすごく足りてない気がしている

生きてる間はうまいものを食べないと 
P1000161.jpg
買った

明日はお母さんとお父さんが来るので
おいしいものでも食べにいきたいなー
イタリアンが食べたい気分なのさ

福岡におるのもあと1年ないんやけど
旅立つ時に誰かにこの本あげます

ちゅーか福岡におる間に福岡のうまい店を行きまくらんとやん!
無差別にお誘いしますので みんなつき合ってね♡


さて、研究室で1人雑誌の写真を撮っている間も
外はなんとも素晴らしいお天気です
最近自分に運動神経がないことが本当にいや
みなさん今日は爽やかにソフトボールに勤しんでおられます

やっぱりヨガとかはじめようかしら
まずは柔軟性から
ヨガはさんざんお母さんにやれと言われとるし…
きっと明日も言われる

何も考えずにゆっくり身体を動かすのは
心と体によさそう

なんてことを考えながら
さて、ROUNDABOUT JOURNAL × DESIGNING” TRANSMISSION ”でも
ふらりと聞きにいってきます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。