スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
now i'm 24 
090927_1.jpg

090927_2.jpg

090927_3.jpg

090927_4.jpg

いつもながら幸せだなーと思う一日を過ごすことができました
たくさんの人の優しさと思いやりをもらって
ちょっとずつ大人になっていこうと思います

遠くにいてもお祝いの言葉をくれる人
近くにいて見守ってくれる人

生きててよかったーって思います
それと同時にぴりっと身が引き締まる思いであります

ただ祝われて嬉しいなって思ってるだけでよかったあの頃とは違って、みんなの気持ちをもらった分、それにこたえてしっかり努力して生きていかんといけん歳になったんだと思います。

これからもどうぞよろしくおねがいします
スポンサーサイト
秋が好きな理由 
P1050047.jpg

秋なのに暑い。風は気持ちいいのだけれど、どうも秋が来るよーっていうあのドキドキ感はまだもうちょっと先なのかしら。いや、あの感じちょと前に味わったような気もするんだけど、そうかと思えばこの気候ですよ。秋かー、秋が一番好きな季節です。過ごしやすいし、ちょっと夕日を眺めたりなんかしておセンチな気持ちにも浸れるし、なんといってもご飯がおいしいし、半袖から長袖になって、でもまだ厚ぼったい感じじゃなくてさらりと洋服が着れるとことか、うっかりしてたらすぐ冬に飲み込まれちゃう儚いところも好きだな。こないだちょっと実家に帰った時に秋刀魚と栗ごはんが出てきてテンション上がったし、あとは茄子だなーなんて思ったり、そしたらこないだ桃ちゃんがうちに茄子を持って来てくれたからそれでまぁ味噌汁作って鮭のホイル焼きにキノコをたくさん乗せて焼いてみたり。そうそう、キノコもね、秋だよねー。焼いた椎茸が食べたいな、松茸は国産の高いやつを食してみたいという希望はあるけど、まぁ機会があるときでいいや。それより椎茸と榎ですよ。そんなこんなでお腹いっぱいにしたら秋の夜長に読書もいいね。窓をあけてたらすーっと風が入ってきてくれてなんかものすごく贅沢な時間を寝る前に過ごしてる気持ちになれるもんね。そういえばそんな夜にこないだうちのマンションに引っ越して来た新入りさんが引っ越しパーテイーをしていたみたいで久しぶりにうちのマンションがざわめいたよ。夜中に窓開けっ放しでだいぶ賑やかにしとったけんあらー、直下の人は大丈夫かしらとかご近所は大丈夫かしらとか思ってたら慌てた足音がバタバタ聞こえ出して、何事かと思ったら警察の人が来たみたいでそれからピタッと静寂が訪れました。なんだかんだ警察って威力あるんだなーとかって感心してしまった。そんな小さな事件があったりするとなんか不謹慎にもわくわくしたり、大きい事件は怖いんだけど、想像しただけで身震いして意味なくベッドの下とか覗いてみたりしちゃうけど、タイヤに首がはまった犬をレスキュー隊が救出的なニュースが放送されてるのを見た時みたいなちょっと情けないけど笑っちゃうような気持ちになれる気がした。あ、そういやもうすぐハロウィンみたいね。この日本人にはあまり馴染みのない、でもこの時期なにもイベントがないからとりあえずこれで盛り上がった気分になっちゃおうよって行事だけど何故か割と毎年のように楽しんでるね。昔みたいにまたカボチャのランプ作ってのぐんちに置き去りにするやつやりたい。カボチャのスープも飲みたい。いののうさぎの仮装が見たい。うるちゃんの殺人鬼もみたい。今年インパクトのある仮装をしてくれるのはやっぱりなおちゃんかなーとか思って勝手に楽しみにしておこう。
fall 
m_p.jpg

昨日、今日と昼間はだいぶ暑いですが
もう秋ですね
夜道は思わず身震いしてしまうくらい空気が冷たいです
ということで、足下から秋の訪れを…
モンテポカラ解禁!
御萩 
ohagi_1.jpg
茹でた小豆をミキサーにかけてよくよく水を切る


ohagi_2.jpg
鍋にうつしてグラニュー糖を入れてよく混ぜる(グラニュー糖を使うと上品な甘さになるらしい)


ohagi_3.jpg
三温糖を少しいれる


ohagi_4.jpg
よくよく混ぜる


ohagi_5.jpg
艶やかにもったりしてきたら火を止める


ohagi_6.jpg
餡を冷ましてる間にご飯の準備
餅米と白米を半々にしたものをこれまた半分くらいつぶす


ohagi_7.jpg
ごはんを丸めて(小さめに)餡で包む、仕上げにごま


ohagi_8.jpg
重箱に詰めたら出来上がり



結構砂糖いれてる様に見えるけど結構甘さ控えめ
甘過ぎない御萩が好きです
おばあちゃんに習ったので次から私も1人で作れるかも…かもしれない
Hauschka 
img4a93381f1fde0.jpg

行ってきました。

衝撃的な演奏だった
ピアノ一台であんな音色を奏でていいんだろうか?
あれはピアノなんだろうか?
でも確かにあれはピアノだった

ピアノの弦にテープだとか木だとか金属をはさんだり乗っけたり(プリペアード・ピアノというらしい)
彼は本当に無邪気に無造作にそれをするんだけど
彼はそれをものすごく緻密で繊細に配していて
その様子は設計の行為となんだか似ていた
でもあくまであれはピアノであって
別の楽器にしてしまおうという意図は感じられなかった
僕はピアノが本当に好きで、ピアノも僕のことが大好きなんだよ!
だから一緒に遊ぼうと思ったんだ!
という演奏だった
そして彼は誰よりもピアノに敬意を払っているんだなと思った
あんなにピアノが生き生きと唄うところを見たことが無い

あれはパフォーマンスだろうか?
でも彼の何気なさ、ぽいっとピンポン玉を投げ入れてみたり
テープを口でちぎったり、ばらばらと割り箸を乗せたままにしてたり
嫌味さもわざとらしさも全く無い彼の振る舞い全てを含んで
あの演奏が可能なんだろうなと思う
もちろん彼の優しそうな人柄も含めて

ピアノは誰でも簡単に音を出すことができる
練習しなくても鍵盤をたたけばいいんだから
でも音を出すことと音を奏でることの違いは大きい
ピアノは多分私たちに一番身近な楽器
だからこそもっと自由に肩の力を抜いてピアノと向き合うといいのかも
鍵盤をたたくだけでもいいのかも
でも「今から弾くね」という気持ちを忘れないことが大切なんだろうな

生きててよかったーと思える演奏でした
本当に素敵な演奏でした

晴れ 
unbrella.jpg

今日もいい天気だなー

ピクニックにいきたい
aomori_2_towada 
towada-1.jpg

みんなここで記念撮影するのね◎







ーーー
さて、今日は研究室の中間掃除&席替えの日でした
私はなぜかこういう時だけくじ運が良く、良い席を引き当てます
今回も馴染みのある端っこの窓際の席で、
これから安心して修論が修論が…  進められるハズ
加瀬亮の無表情な顔に見守られながら日々努力します
九月 
P1050005.jpg
やあ!こんにちは!



気づけば九月も半分を過ぎようとしていますね。
最近風がめっきり冷たく、雲はその形で秋の訪れを告げています。

九月は自分を含め皆ばたばたとなにやら忙しくしています。
調査に試験にコンペにと、ここ最近の穏やかな天気とは裏腹に、
忙しない毎日です。

ひさしぶりの一日お休みだぞ◎
南極料理人を観に行こうかなー。

legs 
legs.jpg

by-nc-nd.png
作家:アイ・ウェイウェイ:::この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示-非営利-改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

森美術館のアイ・ウェイウェイ展にて

この展覧会では写真撮影が可能だったんです
それにしてもこのお姉さんの美脚には本当に参りました




文字 
小さいのにあきたから
逆に大きくしてみた

すぐに戻すかもしれんけど…

実験じっけん


aomori_1 
P1040263.jpg





















P1040264.jpg








青森県立美術館
ちょっとずつ更新




神楽坂 
kagurazaka_1.jpg

なんとなく神楽坂って響きに憧れていってみた
椎名林檎が歌ってた町っていうイメージ

狭い道 坂
笛の音 工事の音と匂い
お祭りの雰囲気

旅行の写真を時系列はバラバラにちょいちょい小出しにしていこうと思います
sunao 
どうも私には変な癖があるようで
過ごしている時間が楽しければ楽しい程、はっと思う

今こんなに楽しくしとっていいんやろうか と

そうしてものすごい申し訳ないことを自分はしているのではないかと
そういう考えがもうずっと頭の中で回り出して
気になって仕方ない
できるだけ、はしゃいでしまわないように、なぜだかそこで哀しい事を考えたりしだす

そうすると
私がものすごくぼうっとしてるように周りからは見えるらしい
いきなり無口になって目の焦点が合ってない状態

じゃあ逆に哀しい時間を過ごしてる時に楽しい気分を思いだすようになるのかといったら
そんなことにはならないのです
哀しい時は哀しいまんま
うまくいかないのね


しかし何にしても周りに心配をかけるということはしちゃいかんなと思うので
楽しい時は素直にその楽しい時間を楽しめるように
あっけらかんとしていよう
あっけらかんとしていたい


なんでこんなことを言うのかと言ったら
今修論の調査をしていて
そこで出会う人出会う人みんな心から楽しそうに
自分の道を信じて生きているから
そういう人たちの顔は本当に優しい
世の中にこんなに素敵な笑顔をもってるひとがこんなにもいるのかと
本当に驚く
びっくりなのです

自分の卑屈っぽいところが本当にいかんなと
すぐに怒って顔に出してるようじゃいかんと
心せまいなと
反省し通しです

世の中まだまだあたたかいです
自分に与えられた時間の中で一生懸命生きてる人ばかり
周りのために自分は何が出来るのか、心から悩んでる人ばかり

素直に見習わなければと思う
素直さを忘れたらいかん

うむ。素直であれ!私よ!!



o_u


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。