スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直島 
naoshima.jpg




naoshima-8.jpg



naoshima--7.jpg




naoshima-4.jpg



naoshima-5.jpg



nashima-2.jpg



nashima-3.jpg



naoshima-6.jpg



naoshima-9.jpg

まずは直島のこと

念願の直島やー!!ていう
わくわくした気持ちを胸に始まったこの旅

定番のアートと家プロジェクト、地中美術館にベネッセと大いに楽しんだ

ただ天気には恵まれずで一日目はそりゃーひどい大雨やった
でも午後からは雨も上がったりで
雨のお陰で気温もそんなに高くなくて過ごしやすかったちゃー過ごしやすかった

美術館やアートもいいけど
直島は古い民家がたくさんあって
迷路みたいな路地を探検するのがすごくよかった
ふらっと狭い路地で出てきたおじいちゃんに出会って
こんにちは っていったら はいこんにちはって
笑顔で返してくれたり

朝洗濯物を洗って乾燥機が止まるのを待ってたら
民宿のおじちゃんが洗濯物はたたませとくけん車で家プロジェクトのとこまで送ってやっぞ
って赤い外車 もちろん左ハンドル にいきなり乗せられて
道すがら 普通の観光客は見ずにかえっちゃうっていう
分かりにくい場所にある作品につれってってくれたり
「はいしゃ」の電源の謎を教えてくれたり

素泊まりだったのにおにぎり残ってるからこっそり食べなって言ってくれたり

ゆっくり作品みたくって他のお客さんがいなくなるまでぼーっとしてたら
今誰もおらんけん写真とってあげるよ ほら 並びなって写真とってくれたり
この作品はあそこから見るといいから登ってみなって教えてくれたり

直島の人は本当に親切でお世話好きで素敵な人たちばっかりやった

ボランティアの人だけじゃなくて地元の人も作品についてちゃんと理解してて
それを教えてくれる

静かな島に観光客がいきなりたくさん来るのを
島の人はどう思ってるのかなーって気になってたけど
直島は住宅地の中にアートが紛れ込んでるし
嫌だなって思ってる地元の人はもしかしたらそんなにいないのかも
だったらとっても嬉しいんだけどなー

そうそう、ちょうど直島で地元のお祭りがある日に行ったので
つつじ荘のところで花火をみることができた
目の前は砂浜と海しかなくって
堤防に座ってみたから人の姿もない 本当に砂浜と海だけで
海の上からひゅるーって花火が上がるとこがはっきりみえて
すっごく近くで花火が開いて
空を見上げると目の前は闇と花火が視界いっぱいに広がってて
それしか見えなくてすいこまれそうやった
今までで一番素敵な花火大会やった

連れまわした妹も大満足だったみたいで
特にジェームズ・タレルの作品に感銘を受けてたみたい
すごいって言うだけじゃなくて
そうか、みんなの影が映ってないから浮いてるみたいな不思議なふうに見えるんやねって
客観的に分析もしてたみたいで驚いた

ボランティアでこれから直島にいく友達もいるので
帰ってきたら話をきかせてもらおう
また違う視点で直島を見てくるんだろうなー

さぁ 次は四国本島の香川県です


 
 
写真すてきやね。
いつか古いおうちに住みたいな。
 
ネコバス乗りにいこうかしら。
 
かっこいい、民宿のおいちゃんやね!
赤い左ハンドル笑!
いいね~
 
minapon
古い家のもつ雰囲気は何ものにも代え難いです
やっぱり時間とか歴史とかそういうのがちょっとずつちょっとずつ積み重なって
素敵な家にしてくれるんでしょうね◎

pig
願ったらいつでもくるってよ☆
しかし都市伝説から言うと…
あぁオソロシイ!!

momo
ね笑
おもろかったばい
secret

trackback url
http://it0bl0g.blog95.fc2.com/tb.php/191-6db0a7c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。