スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
an extra seminar of the waterfront 
P1010824.jpg

今日は長崎水辺の映像祭2009のプレイベントである水辺の課外ゼミナールに参加してきました

長崎水辺の映像祭の趣旨についてはHPを参照してもらえばよくわかると思うので説明は省きます

どんなイベントだったんかっちゅーと
「長崎を魅せる」というテーマで建築家の隈研吾が講演を行い、予め代表として立候補してくれた学生らがその講演を聴いて感じたキーワードを発表。その内容について隈研吾と議論する(というか実際には質問を投げかけるとか感想を述べるって形になってたけど)というもの。

さらにそれだけでなく、その学生の発表に会場が共感を覚えたら受付でもらった赤いリボンをひらひらと振るという感じで
(赤いリボンの振られた数に応じて画面上に「共感度」みたいなメーターが出現する。強制ではないにしても、正直この共感を誘うトークをせんといかんみたいに意識してしまうしくみ自体にはあんまり共感できんかったけども…。共感じゃなくて単におもしろかったかどうかっていう感じで最初に説明された方がリボンも振りやすかったかも。でもたしかに参加意識みたいなものは生まれるし、楽しかったけどもね!)
ゲストとプロデューサーと学生と会場が各々巻き込まれたスパイラルトークという形で進行しました。

このイベントのレビューはきっともっと詳しく書いてくれる人がたくさんいると思うので、私は簡単に感想でも…

とにかく隈さんは「地形と一緒に考えろ」ということを終始おっしゃっていた。

建築はあくまで引き立て役で、周辺の自然との関係を気づかせるきっかけとして存在しているということが言いたかったんだと理解した。それは彼の作品の素材やその使い方というか素材の魅せ方に如実に表れていて、ルーバーだったり竹だったり石だったり木だったりガラスだったり、水をオーバーフローさせて使っていたりと、建築の視覚的効果を巧みに利用して、建築と自然と身体の一体感を生み出す試みをずっと続けてこられたのだろう。

それに自身の海外プロジェクトを引き合いに出しながら、長崎の特異性についてお話しされていて、地元の人たち(ご年配の方も多数こられていた)は純粋にきっと嬉しかっただろうし、世界の建築家っちゅー人がこんだけ言ってくれるんやけん、なんだ長崎やっぱりすげーじゃん!みたいな気持ちを持っただろうな、って思った。
そういう自分たちの故郷にプライドを持てるってことは現在の地方都市をこれからどう導いていくのかって考える時にはきっと一番大事な気がしています。




なんか建築とか環境とかって難しいけど、世間や世界がわいわいがやがや言ってるぞ、って事も自分自身に引き寄せて考えていけたら、自分の足下から活動はちょっとずつ広がって、世界も変えれちゃうんだよ、ってことをプロデューサーの伊東順二さんは一生懸命伝えようとしてたんかな。もちろん建築や環境だけでなく私たちを取り巻く様々な事象全てに言えることなんだけど。

まーなんか今までにない感じで非常に面白かったです!うっかり会場で感想コメントできたのもよかったです!隈研吾の建築中華料理理論を聞けたのもレアでした!
写真に平が見切れとるけどちゃんと写ったやつも撮ってるけね!
誘ってくれてありがとう◎


 
 
書いてみたよ。たいして詳しくないけど。
 
やはり
ありがとよ◎
 
中華料理に見立てるっておもしろかったよね(笑)
建築詳しくないけど、ガッテンしてしまった。
はなびー♪
 
たえちゃんも1日スタッフお疲れさまでした!
うん!はなび~いこか~♪
 
みんな本当にありがとう。
なんか、こうしてみんなに長崎に来てもらって、楽しんでもらって、体験してもらって、情報発信してもらえること。
自分が長崎のため少しだけばってん貢献できるようになってきたことを嬉しく、もっと頑張らんば!思える貴重な一日でした。
こんないい友達をもてて嬉しかった!
来月は写ムービー大会です!お楽しみに~

ps
写真を、写真をください!!
 
今度はひらんちに是非お泊まりにいくよ!
準備していくけん◎

写真あげるよ~!今度飲みにいく時にでも!
secret

trackback url
http://it0bl0g.blog95.fc2.com/tb.php/292-e350997d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。