スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hauschka 
img4a93381f1fde0.jpg

行ってきました。

衝撃的な演奏だった
ピアノ一台であんな音色を奏でていいんだろうか?
あれはピアノなんだろうか?
でも確かにあれはピアノだった

ピアノの弦にテープだとか木だとか金属をはさんだり乗っけたり(プリペアード・ピアノというらしい)
彼は本当に無邪気に無造作にそれをするんだけど
彼はそれをものすごく緻密で繊細に配していて
その様子は設計の行為となんだか似ていた
でもあくまであれはピアノであって
別の楽器にしてしまおうという意図は感じられなかった
僕はピアノが本当に好きで、ピアノも僕のことが大好きなんだよ!
だから一緒に遊ぼうと思ったんだ!
という演奏だった
そして彼は誰よりもピアノに敬意を払っているんだなと思った
あんなにピアノが生き生きと唄うところを見たことが無い

あれはパフォーマンスだろうか?
でも彼の何気なさ、ぽいっとピンポン玉を投げ入れてみたり
テープを口でちぎったり、ばらばらと割り箸を乗せたままにしてたり
嫌味さもわざとらしさも全く無い彼の振る舞い全てを含んで
あの演奏が可能なんだろうなと思う
もちろん彼の優しそうな人柄も含めて

ピアノは誰でも簡単に音を出すことができる
練習しなくても鍵盤をたたけばいいんだから
でも音を出すことと音を奏でることの違いは大きい
ピアノは多分私たちに一番身近な楽器
だからこそもっと自由に肩の力を抜いてピアノと向き合うといいのかも
鍵盤をたたくだけでもいいのかも
でも「今から弾くね」という気持ちを忘れないことが大切なんだろうな

生きててよかったーと思える演奏でした
本当に素敵な演奏でした

 
 
いいな~お金があればいきたかった!!
今度機会があったらHauschka聞きにいきたい!
 
また何か良いイベントあったら誘うね◎
secret

trackback url
http://it0bl0g.blog95.fc2.com/tb.php/327-8c8a1c2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。